本文へ移動
溢れる笑顔と明るい未来と農業のために私たちは提案し続けます。
実り豊かな岩手の大地から
安心、安全な農産物の生産のお手伝い
 
農家の皆様の願いをすべて形に。
 
  高品質、安定多収の為に
    私たちが全力でサポートいたします。

新着情報とお知らせ

高温対策について
2019-08-06
チェック
東北地方の1ヶ月予報によると、向こう1ヶ月の平均気温は高いと予想されています。
また、期間のはじめは、気温がかなり高く、少雨の状態が続くところがある見込みとなっています。
 
水管理
 1・出穂・開花期
   出穂・開花期は、湛水状態で管理しましょう。
   出穂期は、短期間で茎が10~20cmも伸びる為、稲の代謝が活発で大量の水を必要とします。
   過度の乾燥は稲体内の水分生理の乱れにつながり、その後の開花にも影響しますので
   水分管理を最重視した管理に努めてください。
 2・登熟期
   開花終了後は、間断かんがいが基本です。
    出穂後20日間は3~4日湛水・1~2日落水とし、その後は徐々に湛水期間を短く、
    落水期間は長くしていく管理にして下さい。
   登熟前半に高温(概ね出穂後20日頃まで、最高気温30℃以上・最低気温23℃以上)が、
    5日以上続くと予想される場合は、夜間のかんがい等により、水の入れ替えを積極的に行い、
    地温の低下と根の健全化を図りましょう。
   完全落水の目安は、出穂後30~35日です。
    早すぎる落水・過乾燥は、根の活性低下や茎葉の枯上りなどを招き、玄米の品質低下
   (白未熟粒の増加等)につながります。
    機械作業に必要な地耐力を確保しつつ、土壌水分が確保されるよう、きめ細やかな水管理に
    努めましょう。
 
 
0
0
8
5
5
5
2019年8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2019年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
3月より営業時間 8:30~17:30
  • 休業日
  • 当番出勤
株式会社 渡 嘉 商 店
〒025-0092
 岩手県花巻市大通り
              1丁目10番27号
TEL:0198-22-2155
FAX:0198-23-3232
1・肥 料
2・農 薬
3・米
4・農業資材
5・飼 料
TOPへ戻る